「人間だもの」じゃ済まさない話。

楽書屋 喜鱗の日々の活動告知、報告を更新します。

仙台路上、終了しました!

 
f:id:lakugakiya:20180409093607j:image

仙台凱旋、無事終わりました!

帰ってからブログ更新しようかと思ったけどまだ仙台にいる間に書 きます。

 

まずは、今回立ち止まってくれたみんな、久々に顔がみれた友人、 お世話になっている兄貴、本当にありがとうございました。

 


自分自身的にはなかなか準備不足でバタバタした感じだったんだけ れども、 それでも良い出会い巡り会いがあったんじゃないかなっと勝手に思 っております。

 


改めて久々の仙台、変わった景色、変わらない景色、 俺の知ってる街、俺を知らない街、 時間の流れをちゃんと感じさせてくれる良い時間でした。

 


こんなことをブツブツ言っているんじゃなくて、 もっと頻繁に仙台に帰ってくれるように活動していかないとなーと 思う次第です。

 


さて、今後のスケジュールですが5月GW中は広島へゆきます。

6、7月は今のところまだ予定は組んでませんが8月は毎年恒例の 七夕祭りがあるんでまた仙台に帰ってきます。

 


さて、 帰りのバスまでもう少し仙台ブラリとして美味しいランチでも食べ て過ごそーかと。

では、仙台のみんなまた会いましょう。

 



 

追伸 今回あんまりみんなで飲み行けなかったので次回は是非!!


f:id:lakugakiya:20180409093700j:image

俺のHPどこいった?


f:id:lakugakiya:20180405104710j:image

 

桜、散っちゃった。

 

 

いや別に受験してたわけでも失恋いたわけでもなくて本当の桜、ね。

 

東京は年度末、早々にその蕾をひらき花びらを美しく咲かせていきました。

春を感じさせてくれるのは大変ありがたいんだが、桜祭り系のイベントやってる人は完全に予定がずれてしまい葉桜一色のなかでってのも大変だなぁ、とどうでもいいことを考えてしまう。

 

いや、人の心配をしている場合じゃない。

 

俺のHPが消えた。

ヒットポイントじゃなくホームページ。

ウェブサイトとかって言い方の方がそれっぽいのか?

 

ある日突然、ブツッと。

不正アクセスなのかなんなのか。そもそも俺のウェブなんて不正アクセスする価値ないでしょう?

運営にも問い合わせているが音沙汰なし。まぁ実際無料で使っているヤツだから仕方ないのか。

 

あーあ、ってことで今ホームページありません。

お問い合わせは各SNSもしくは kilinthebabe@gmail.com までご連絡くださいませ。

ご依頼、ご相談も随時受け付けておりますんで。宜しくどーぞだぞ。

 

 
f:id:lakugakiya:20180405104722j:image

 

あ、ちなみにいま仙台に向かうバスのなかでブログ書いてます。

仙台のみんなよろしくねーだ。

久々の更新、失敬。

乾燥の季節が辛い。

 

 

 

この時期はどうしても唇がカッサカサのヒッリヒリになる事が常日頃となって、しかし俺はというとリップクリームがポッケに入っていることを忘れて洗濯したりどこかに無くしたりで、無駄にカッサカサのヒッリヒリ時間を味わう事となる。

 

 

自業自得。

 

この「自業自得」とは大体「自分が悪い」的な解釈だけれども、漢字を見る限り「頑張ったから報われたね」的な前向き感を感じるのは俺だけだろうか。

前回のブログから相当な間が空いてしまったんだが、それもそのはず表立った活動をほぼしていなかったからだ。


勿論、御依頼いただいたお仕事はさせていただいていた。それ以外はほぼ停止状態だったのだ。
しかし、ここにきてこの季節になりひとつの欲が生まれてきたのだ。

 

 

仙台、行きてえ。

 

 

俺のプロフィールやらなんやらご存知の方は周知の事と思うが、東京の前はもともと仙台で活動していた。なんならホームだ。
そんな俺が一年近く仙台に帰っていないなんてもう不良息子だ。(あ、ホームって意味でね。)

 

思い立ったが吉日。

 

 

ということでかなりの弾丸ツアーだったが仙台へ行ってきた(帰ってきた)しかも今回初参加のイベント「杜の都のアート展」に出店してきた。


多数のクリエイターさんが定禅寺通りケヤキ並木の緑道沿いにズラッとならんで、ハンドメイドの作品を販売するイベントなのだが、これがまたなかなか良いロケーションで雰囲気最高だった。


俺もそこに並び、色んなお客様と出会い、書かせてもらった。実際こういうイベントは久々だったし、仙台という場所もありすっごく楽しかった。

 

イベントも終わり、その後友人クリエイター達と飲みに行った。久々に顔を合わせて色んな話をしたり笑ったり。こんな時間を過ごせたことは本当に嬉しかった。
その日のうちに高速バスで帰っちゃったんだけれども、やっぱり名残惜しいというか、絶対また近いうちに帰ってこようと心から思った。

 

 

弾丸ツアーで戻りその日のうち別件。
そもそも弾丸ツアーになったのはもうひとつ、大切なイベントがあったからだ。

 

 

毎年参加させていただいている埼玉の「飯能まつり」だ。


祭りの賑わいというのはいつも心をウキウキともザワザワともさせてくれる。あのなんとも言えないお約束の空気感は大好きだ。

 

いつもお世話になっている「はっぴぃぼっくす」という美容室のお母さんと息子さん。朝から勢いよく泡を吹く缶ビールをいただきながら、露店を開かせていただいている。
毎年いらっしゃる常連さんも会わなかった一年の間のお話をさせていただきつつ、一枚書かせていただいたり。なんだかまた故郷が増えてしまった。

 

 

とても濃い2日間。

ここで少し考えてみる。

 

自分が2006年から仙台で活動をはじめて、東京に居を移し、今まで色々ありつつも今日まで続けてこられたのは、やっぱり「人」のお陰なんだと。

自分と関わってくれて、共に過ごしてくれて、その積み重ねが自分自身の歩みになっているのだと。

 

 

 

では、人のお陰で歩んでいる「俺」とはなんだろう?と。

ゆっくり考えてみる、がまだなんだかしっくりくる答えはなく。

 


そうこうしているうちに副業のアルバイトが忙しくなっていく。

日々の喧騒に濃かった2日間がどんどん遠ざかって、塩梅よくセピア色に美しくなってゆく。

そうやっているうちに段々と答えが見えるようで見えないようなモザイクに隠れている。

少し立ち位置がズレていく。始めた頃にしっかりバミリは決めていたつもりがなんだかズレている。自分がズレてきているんだから目的地も見える景色も全部、ズレてしまう。

 

 

 

よし、リセットしよう。

 

(続)

現在進行形のお話しとその先について。

台風は大丈夫ですか?

どうもこんばんわ、喜鱗です。

 

twitterFacebookInstagramなどでも報告させていただきましたが今年は仙台七夕まつりを「欠席」させていただきました。

 

理由は一つというわけではなく様々あるので説明は省かせていただきますが、今回の「欠席」が来年も再来年も、というわけではなく、しかし確実なお約束も出来かねるのが現在の答えとさせていただきます。

 

御期待頂いていた皆様、わざわざ御連絡まで頂けた皆様、またお世話になっております皆様におきましては誠にご心配ご迷惑おかけし申し訳ありませんでした。

 

現在、路上や出展なども回数は少なくなっていますが、次の段階の表現方法や準備などを少しずつしております。

まだそれには時間がかかってしまう事も含めまして今しばらくお待ちいただけますよう心よりお願い申し上げます。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますので、加えてお話ししますと現在私はこの生業の他にも仕事をしております。

その仕事も勿論仕事である以上、蔑ろにするつもりは毛頭なく、全力で挑ませて頂いているつもりです。

加えて将来を約束した大切な方もいらっしゃいます。

その方との今後の人生設計も真剣に考えています。

 

自分の表現、生き方、今後の人生と向き合って今歩みは遅いですが、少しずつ積み重ねている次第です。

 

何卒、今後とも宜しくお願い致します。

それでは、また。

 

 

 

 

楽書屋 喜鱗

 

f:id:lakugakiya:20170808201226j:image

NEW落款&週末予定

おこんばんわ、きりんです。

 

以前より依頼させていただいておりました落款(印)がついに完成しました。

f:id:lakugakiya:20170512202600j:image
制作していただいたのは一級印章彫刻技能士の遠藤雲山さん http://www.e-rakkan.com


素晴らしい出来栄えに作品制作にも気合が入ります!

 f:id:lakugakiya:20170512202624j:image

これは作品の最後(左下もしくは右下)に押す「雅号印」です。そのまま「喜鱗」と書いてあります。

 

f:id:lakugakiya:20170512202725j:image

この細長のヤツは「関防印」ってので作者の好きな句や心境を表すものです。これは作品の右上に押します。

俺の場合、現場で書き下ろしがメインなのでそのまま「感謝」で彫ってもらいました。

 

f:id:lakugakiya:20170512202924j:image

さて週末予定ですが、明日は一日中雨予報なので恐らくお休みさせて頂きまして、日曜日は横浜へ行きたいと思っております。

 

 

 

宜しく御願い致します。

新作準備と、時々日本酒。

おばんです、喜鱗です。


春なのに寒いなぁって思ったら急に25℃超えたりまた寒くなったり北朝鮮からミサイル来るから危険とかもー、どうしたらいいの?と呑気に過ごしてる始末ですがいかがお過ごしでしょうか?


前回お話しした「和紙」を着々と作品化(商品化)へと準備をしております。

作風のコンセプト決め、ディスプレイする為の材料集め、などなど。
お客さんにどう見せるか、見られたいか、とか。
もう少し時間はかかりますが皆様の前にお届けできるよう制作します。

 

f:id:lakugakiya:20170422231509j:image

和紙サイズにボードや裏紙のカットをする為にカッターを購入。
いやー、これは便利。

 

f:id:lakugakiya:20170422231517j:image

制作用サンプルは出来上がりました。

 

f:id:lakugakiya:20170422231527j:image

作品は...まだ二点。自身の過去作を持ってくるのは簡単なんですけど、もう少し今の心境に沿った作品を考えています。

 

f:id:lakugakiya:20170422231536j:image
っと、少し休憩。近所に素晴らしい酒屋あるのでついつい。


えっと...最後の一枚はあれなんですけど、いや、鋭意制作中ですからねっ!飲んでばかりじゃないですよ?汗

それでは、また。

 


楽書屋 喜鱗

お久しぶりです+進捗状況。

ブログではお久しぶりとなりました。
皆さまお元気でしょうか?

 

SNS(Twitter/facebook/Instagram)などでは徒然と日々を綴っておりますが、なかなか「ブログ」となると腰が重いようで更新を怠ってしまった事を御容赦下さいませ。

 

ブログではまだ去年で止まっておりますが、季節は変わり春でございます。

 

東京の桜は咲き、しかし雨に散り流されるばかり。その様を横目に見ながら相変わらず筆を握り墨を落としております。

 

制作活動自体は細々とやっておりますが、路上は週一くらいで少なくなりました。


ペースは確かにゆっくりとはしております。ただ、筆は離すことなく握っております。

 

f:id:lakugakiya:20170411165254j:image

 

雨の火曜日、前々より行こう行こうと詐欺紛いの心境を振り払いようやくやってきたのは銀座。

 

 f:id:lakugakiya:20170411165305j:image

 

現在メインで制作している色紙から和紙へ移行する為、その仕入れにやってまいりました。

 

f:id:lakugakiya:20170411165326j:image

 

以前使っていた商品は一度無くなってしまったのですが、また作り始めている話を聞いていたので目的地である文具屋さんへ。

 

店員さんと色々お話しをしながら、現状の在庫確認、仕入れ状況を聞き、実物を見せてもらい購入することが出来ました。

 

会計を済ませようとしていると店員さんが、

 

「今国内で生産しようと試作しているものがあるのですが...」

 

と試作品を見せてもらい、二、三ほどイチャモンをつけ、(いや、アドバイスですよ汗)作家側からの勝手な意見を述べさせていただきました。

 

成る程、こうやって商品は生まれていくんだなぁ、と変に感慨深くなったりして。楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

その後、和紙用の額縁を探しに新宿へ。


思った通りのものがなく、少し落ち込んだ気持ちを奮い立たせようと(いや、ただ腹が減っただけなのですが)、近くのラーメン屋さんへ行きました。

 

桂花ラーメンは昔から好きで、新宿三丁目店は以前は週一でよく通ったものです。

 

f:id:lakugakiya:20170411165344j:image


太肉(ターロー)のホロホロとした食感とスープがあいまってすごく好みの一杯です。

 

おっと、食べログみたいなこと言ってる。

 

ともあれ、新しい季節に向かって作品も一新してゆきたいと思います。


新作出来次第、ブログにも少しずつアップしてゆこうと思いますのでお時間あれば是非アクセスしてみてください。

 

また、作品制作、ライブペイントなどなど御依頼も随時承っております。

 

SNSからの御依頼でも大丈夫なのですがご予算も含めてホームページに掲載しておりますのでそちらも合わせてご覧いただきご検討下さいませ。


http://kilin.jimdo.com

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

楽書屋 喜鱗 kilin